092-710-5440 092-710-5440 受付時間 / 10:00 ~ 18:00

眼瞼下垂症手術(結膜アプローチ)、二重埋没法 モニター写真

患者さまは20代の女性です。
元々一重で、手術歴はありません。
まぶたを大きく見せたいということで二重の手術をご希望されましたが、診察で眼瞼下垂症があることがわかりましたので、眼瞼下垂症手術を行うことをおすすめいたしましたが、まぶたの表面を切りたくないということで二重埋没法を行うこととしました。
眼瞼下垂の結膜アプローチだと二重埋没法も同時にすることはできますが、まぶたの腫れや眉毛挙上などの影響で二重のラインを詳細に決めることが難しいです(他に糸による眼瞼下垂手術の方法も知っていますが、後戻りや二重ラインの制限がありますので、私はしていません。)
流れとしては初回に眼瞼下垂症手術(結膜アプローチ)を行います。腫れは1〜2週間でほとんど消退しますので、眼瞼下垂症手術の結果が問題ないことを確認して(問題があれば再調整が必要になります。)その後、通常の二重埋没法を行います。金属の棒(ブジーという器具)を用いて好みの二重ラインを相談しておこないます。
術後はぱっちりとした二重になって気に入ってくれました。

上:術前 
中:眼瞼下垂症手術(結膜アプローチ) 術後11日
下:二重埋没法 術後3週(眼瞼下垂症手術から術後1ヶ月)
左:正面視、右:上方視

眼瞼下垂症の併発症・リスク
まぶたの上がりが弱い、強い、左右差 / 二重幅が狭い、広い、好みのラインと異なる / 内出血 / 感染 / 腫れ / 痛み / 傷痕

二重埋没法の併発症・リスク
左右差 / 二重が緩む(ラインが浅くなる) / 埋没糸が透けて見える / 異物肉芽腫(異物反応) / 糸の露出 / 結膜炎 / 角膜障害 / 傷あと

料金

眼瞼下垂症手術(結膜) 210,000円
二重埋没法 100,000円
※すべて税別
※2020年5月時点 価格は予告なく変更になることがあるので必ず確認してください
※モニター料金あり(モニターは審査があります。)

ページ上部へ