092-710-5440 092-710-5440 受付時間 / 10:00 ~ 18:00

フェイスリフト

フェイスリフトについて

アジア人は皮膚・皮下組織が厚く、重く、頬骨やエラが張り出しているため、フェイスリフトで引き上げる際に抵抗が強く、効果を出しにくい傾向があります。
治療法はこれまで皮膚を切除するだけの方法や顔面の筋膜であるSMASを引っ張るSMAS法、リガメントを処理するリガメント法、糸などを組み合わせるハイブリッド法など報告されてきましたが、一つの方法で良好な結果を出すことは難しく、フェイスリフトの限界が言われてきました。
一方、2007年にアメリカの形成外科医であるRohrichが顔面の脂肪はそれぞれ区分けされていて、各々が加齢とともに増えたり減ったりするというFat compartmentという概念を提唱しました。欧米ではFat compartmentを利用したフェイスリフトの報告がありますが、日本ではヒアルロン酸などの注入に置いて注目されていましたが、これを利用したフェイスリフトの報告はありませんでした。私はこれに着目してフェイスリフトを2014年から行なっており、2016年から学会で発表しております。

学会発表

2016年第39回日本美容外科学会(JSASP)
・フェイスリフトにおけるInferior jowl compartmentの処理の有用性
2017年第40回日本美容外科学会(JSASP)
・Fat compartment理論に基づいたフェイスリフト

最近では国内最高峰の形成外科の学術誌である克誠堂「形成外科」のフェイスリフトの特集で論文を掲載しました。
2019年4月号特集 フェイスリフトup to date
Fat compartment理論に基づいたアジア人に適したフェイスリフト-Lift &Trim-

Fat compartment理論に基づいたアジア人に適したフェイスリフト-Lift &Trim-

Fat compartment理論に基づいたアジア人に適したフェイスリフト-Lift &Trim-

Fat compartmentは浅部と深部の2層にわかれています。

浅部 fat compartment

カニューラの種類

深部fat compartment

カニューラの種類

欧米で報告されている方法は白人種(コーカソイド)を対象にしたもので、骨格や軟部組織の性状が異なるアジア人にそのまま当てはめるわけにはいきません。私は日本人を含むアジア人に適したフェイスリフトを考案し、行なっております。
単純に引っ張るだけでは顔の表面の凹凸は改善しません。そこで考案した方法
「Lift & Trim」をおこなっています。

Lift & Trimとは

Lift はたるみを持ち上げて、Trimは凸凹をなめらかに削り整えることを指します。
たるみは従来、皮膚やSMASの緩みと考えられてきましたが、日本人を含む多くのアジア人に対しては不十分で、脂肪の蓄積も考慮しなければなりません。欧米では長年、加齢とともに脂肪は減ると考えられてきましたが、fat compartmentの概念では増える脂肪もあります。これを減量する必要があります。

たるみの層構造を図にすると下記のようになります。

カニューラの種類

たるみは図のように皮膚、皮下脂肪(superficial fat compartment)、SMASによって形成されています。
まず「Lift」でSMASの緩みを解消します。

カニューラの種類

そして皮下脂肪(superficial fat compartment)の凹凸をなめらかにする「Trim」を行ないます。

カニューラの種類

そしてSMAS固定し、皮膚を縫合してなめらかなフェイスラインを作ります。

カニューラの種類

傷痕も目立たないように切開する方法を行なっております。この点も学会で発表し、評価をいただいております。

学会発表

2017年第40回日本美容外科学会(JSASP)
・フェイスリフトにおける耳前部切開デザイン 新型フェイスリフト耳変形に対する予防

症例写真

傷あとの例 38歳女性

左:術前、右:術後13ヶ月

カニューラの種類

54歳女性

上:術前、中:術後1ヶ月、下:術後6ヶ月

カニューラの種類

術後は血液を排出するドレーンを入れて、翌日に抜去致します。1週間後に抜糸になります。
当院の経過ですが、内出血は1〜2週間、大きな腫れは2週間です。1〜3ヶ月は軽度むくんでいますので、むくみが顔の下半分に溜まりますので、すこしたるんで見えます。治癒が進めば、むくみが解消し、顔がひきしまって、シャープな輪郭(フェイスライン)になってきます。

治療に適している方

フェイスラインがはっきりしない方、不明瞭な方
顔の輪郭が逆三角や卵型だったのが、四角やホームベース型になってきた
顔が大きくなってきた
法令線やマリオネットラインが目立つようになってきた
皮膚がやわらかく、たれている方

ホームベース型タイプ

カニューラの種類

皮膚がやわらかく、法令線やマリオネットラインが目立つタイプ

カニューラの種類

 

治療を受けてはいけない方

妊娠、授乳中の女性。出血傾向・凝固能異常のある方。免疫力低下がある方。

当クリニックの特徴

日本人を含むアジア人の形態特徴にあわせて工夫を行なっております。その内容を形成外科の最高峰の学術誌に掲載され、評価をいただいております。安全性に関しては感染予防、血腫予防、神経刺激装置を用いて顔面神経麻痺の予防、傷痕を目立たなくする工夫などを行なっています。

術前/術後6ヶ月

カニューラの種類

患者さまは20代女性です。
他院で顎変形症手術を受けられて、術後に顔の皮膚のたるみが生じてしまい、実年齢よりも老けてみえていましたので治療を希望されました。フェイスリフト、ネックリフト、脂肪吸引術を行ないました。術後は顔のフェイスラインが卵型になり、なめらかなラインになりました。見た目がぐっと若返り、喜んでいただきました。

施術費用(すべて税別)

赤字はモニター料金です。

術前検査 採血 8,000円
※胸部X線・心電図等は必要時にお近くの病院を紹介致します
静脈麻酔 30,000円
ショートフェイスリフト
(もみあげ~耳前部の切開、たるみ中等度の方)
670,000円 / 550,000円
スタンダードフェイスリフト
(もみあげ~耳前部~うなじ、たるみ重度の方)
820,000円 / 680,000円
ネックリフト(首のたるみ) 370,000円 / 270,000円

モニター募集中(料金はお問い合わせください)

フェイスリフト・ネックリフトのリスク(合併症)

出血・血腫 / 瘢痕 / 引き上がりの左右差 / たるみの残存 / 表面の凹凸 / 顔面神経麻痺 / 感染 / 痛み

よくある質問

フェイスリフトの効果について教えてください。
脂肪吸引、Fat compartmentの処理、SMASの引き上げなどをしっかりと行ないますので、効果はずっと続きますが、若干の皮膚表面の緩みが加齢とともに生じますので、照射系の治療を定期的にすることをオススメしています。
痛みはありますか?
鈍い痛みが生じますが、触ったり、大きな表情をしたりしなければ生じません。痛み止めを内服することでコントロールできることがほとんどです。
腫れはありますか?
当院は広く剥離するので、腫れは強く出る傾向があります。術後2週間は腫れが強く、徐々に改善してきます。その後腫れは気にならなくなってきますが、腫れが完全に落ち着くのは術後6ヶ月です。
治療後に気をつけることはありますか?
腫れを悪化させないためにも圧迫をしっかりとしていただく必要があります。マジックテープ式のフェイスバンドの装着をします。辛いもの、熱いもの、お酒、タバコは控えてください。頭をすこし挙上して生活するとむくみの改善に役立ちます。
施術後に消炎鎮痛剤を 7日間処方いたします。
施術後3日間は注入部位を冷却しておくと腫れが悪化するのを防ぐことが出来ます。

施術データ

施術時間 6時間
腫れ ★★★
麻酔 全身麻酔
ダウンタイム 手術部位がおよそ2週間腫れます。術後より首下シャワー可能です。しばらくはマスク着用で外出する必要があります。激しい運動は1ヶ月はできません。
通院回数 5回(術後1日目ドレーン抜去、1週間に抜糸、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)
ページ上部へ
092-710-5440 受付時間 / 10:00 ~ 18:00
092-710-5440 受付時間 / 10:00 ~ 18:00