092-710-5440 092-710-5440 受付時間 / 10:00 ~ 18:00

目尻切開

院長による目尻切開 解説動画のご案内

目尻切開とは

お顔の印象は目元が決めるといって良いくらい、大切なパーツです。特に、目の大きさや形がバランス良いと、顔だちも整って美しく見えるもの。そんな目元になれる美容整形の一つ、「目尻切開」についてご紹介します。
目尻切開は、目尻の端の皮膚を切開して、目尻を長く延ばしたり横幅を広げたりする手術のことをいいます。目が横へ延びて白目の部分が広がり、上下にも開きやすく、きれいな切れ長の目になることができます。同時に、目尻から下まぶたのラインが緩やかになりますから、細くきつく見えた目が優しくなって、お顔全体の印象が整います。
また、目尻からこめかみまでの間が空いていると、お顔が大きく見えてしまいがちですが、目尻切開をすると、ここが狭まるので小顔効果も期待できます。施術後の傷も、メイクやまつげの内側に隠れる程度なのでほとんど目立ちません。

整形が周りにもバレにくい

目尻切開は、目頭切開するよりも、大きく変えたという印象を持たれないという特徴があります。実際3mmほど目の横幅が長くなっている場合も、施術後の見た目はあまり変わらず、傷跡も目立ちません。
目の横幅が長くなっただけでなく、目尻も適度に下がって柔らかい目元に変わり、“雰囲気が明るくなった”と周りからの印象もアップします。目元の幅を広げたい、冷たい印象を持たれるつり目を治したい、でも整形を知られたくない、という方におすすめの手術です。

こんなお悩みにおすすめです!

  • 目を大きくしたい
  • 切れ長の目にしたい
  • きつい印象の目を柔らかくしたい
  • つり目やたれ目を改善したい
  • 優しい印象の目にしたい

他の二重術と組み合わせるとさらに効果的!

目尻には、覆いかぶさる余分な皮膚が無いので、無理に広げても効果は見えにくい場合があります。 また目尻の内側に隠れている白目が少ない方や、正面を見て目尻の皮を外に引っ張ってすぐピンク色の粘膜が出る方も、目尻を切開してもそれ以上は露出されないため、施術の効果が出にくいこともあります。
そして、目尻側にまぶたのたるみがある方や、重度の眼瞼下垂でまぶたが下がっている方、目尻の眼輪筋の収縮が強い方も効果が出にくいといえます。そういった場合には、目尻切開だけを単独で行っていただく以外に、他の二重術と組み合わせると相乗効果でより二重のラインが作りやすく、形の良い大きな目に仕上がります。
例えば患者様のご希望が、パッチリした大きな目で、二重の幅もさらに広げたいというケースには、ご希望に応じて、目尻切開にプラスして「二重まぶた埋没法」や下まぶたを下げる「たれ目形成(下眼瞼下制術)」、「眼瞼下垂症手術」「目頭切開」などを組み合わせて行うとさらに理想の目に近づけることができます。

施術の流れ

当院にいらしていただいてから、施術までのおおよその流れをご紹介します。

STEP 1 : カウンセリング

医師とのカウンセリングの上、一番良い施術方法の検討をいたします。
目もとの状態をチェックして、ご希望の仕上がりイメージを確認します。
目尻の状態や白目がどのくらい隠れているかを判断するには、ご自身で鏡を見てもわかりにくいため丁寧な診察が必要です。

STEP 2 : 切開施術

患部に局所麻酔を行い、カウンセリングで確認した形に目尻を切除していきます。
その後、医療用のごく細い糸で切開した所を丁寧に縫い合わせます。施術にかかる時間は30分程度です。

STEP 3 : 経過観察

腫れや痛みなどのダウンタイムは3~7日ほどあります。抜糸は 7~10日目に行います。
患部にはテープで固定することが必要の場合もあり、抜糸が終わるまでは、お化粧は控えていただければと思います。

 

目尻切開の腫れや内出血はどのくらい?

個人差がありますが、目尻切開後の腫れは3日~1週間程度、内出血は1~2週間ほどで治まってきます。痛みに関しては、局所麻酔の注射の際に軽くチクッとする程度、施術中は痛みを感じることはありません。
術後2~3日間は痛みや熱を持つことがあります。医師の指示通りに膿止めや痛み止めの薬を服用してください。傷跡は、切開部分だと1ヶ月ほどは赤みが残り、2~3ヶ月位で徐々に細い白い線になり目立たなくなります。
まつ毛エクステをしていても施術はしていただけますが、術中に取れてしまう場合がありますのでその際はご了承ください。

施術費用

目尻切開 255,000円 / 208,000円

赤字はモニター料金です。

ページ上部へ